コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わざおぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

わざおぎ

身ぶり動作により神を招く意で,「俳優」の字をあてる。日本の芸能起源を示す語で,『古事記』『日本書紀』にみえる2つの芸能神話,つまり天岩屋戸の前で行なったアメノウズメノミコトの祈祷舞踊や,海幸・山幸の条にみえる模倣芸能に現れている。のちには舞踊家,芸能人を,さらには役者,演技者をさすようになり,一般に「はいゆう」と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

わざおぎの関連キーワード低人・侏儒・矬石原身知子俳人・俳優音響効果巫女舞俳優人物真似男舞演技散楽鳶奴採物倡優

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わざおぎの関連情報