コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海幸 ウミサチ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐さち【海幸】

海でとれる獲物。海藻・魚介類などの海産物。うみのさち。⇔山幸(やまさち)
海の獲物をとる力をもった道具。⇔山幸
「―を以ちて魚釣らすに、かつて一つの魚も得給はず」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみさち【海幸】

海でとれる獲物。魚介類など。うみのさち。
海の獲物をとる道具。 「 -もおのがさちさち/古事記
▽↔ 山幸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海幸の言及

【隼人】より

…《日本書紀》では刺領布(さしひれ)とされるが,領布も訶理(苅)すなわち剣も鎮魂の呪具にちなむもので,隼人が強力な邪霊鎮魂の呪能を持つ部族と考えられていたことを示している。神代紀には,火酢芹(ほすせり)命(海幸)が弟の山幸に敗れて伏罪したとき,みずから狗人(いぬひと)と称したといい,〈火酢芹命の苗裔,諸の隼人ら,今に至るまで天皇の宮墻の傍を離れずして,代(よよ)に吠ゆる狗して奉事(つかえまつ)る者なり〉とある。律令時代にも,隼人は隼人司の管掌下にあり,吠声して宮廷守護に当たった。…

※「海幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海幸の関連キーワード日向系神話(ひゅうがけいしんわ)隼人(古代の南部九州の居住民)ホスソリノミコト(火闌降命)わだつみのいろこの宮青島(宮崎市)彦火火出見尊大綿津見神速玉之男神海幸・山幸木花開耶姫末子成功譚海幸・山幸火須勢理命綿津見国わざおぎ瓊瓊杵尊火遠理命海幸山幸火闌降命吾田小橋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海幸の関連情報