コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わね わね

大辞林 第三版の解説

わね

( 連語 )
〔終助詞「わ」に間投助詞の付いたもの。近世江戸語以降の語〕
詠嘆の気持ちを込めて、確認した事柄を聞き手に対して念を押すのに用いられる。 「そんなにまでしたのだから、くたびれるのも無理はない-」 「そんなに引っぱると、着物が切れてしまう-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

わねの関連キーワード静岡県榛原郡川根本町水川大井川(静岡県の川)固定費用・可変費用兄弟は左右の手なり職(所有の形態)滋賀県湖南市岩根高宮(広島県)家畜法定伝染病武士は相身互い川根本(町)静岡(市)寸又峡温泉基本合意書島田(市)休業手当浜口雄彦法定利息草主人従階級支配加納健詞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わねの関連情報