コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わね わね

大辞林 第三版の解説

わね

( 連語 )
〔終助詞「わ」に間投助詞の付いたもの。近世江戸語以降の語〕
詠嘆の気持ちを込めて、確認した事柄を聞き手に対して念を押すのに用いられる。 「そんなにまでしたのだから、くたびれるのも無理はない-」 「そんなに引っぱると、着物が切れてしまう-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

わねの関連キーワード静岡県榛原郡川根本町水川大井川(静岡県の川)兄弟は左右の手なり固定費用・可変費用滋賀県湖南市岩根武士は相身互い高宮(広島県)家畜法定伝染病川根本(町)寸又峡温泉基本合意書島田(市)至上命令階級支配加納健詞休業手当法定利息浜口雄彦草主人従小野滋野

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わねの関連情報