コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終助詞 シュウジョシ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐じょし【終助詞】

助詞の種類の一。種々の語に付き、文の終わりにあってその文を完結させ、希望・禁止詠嘆・感動・強意などの意を添える助詞。現代語では、「か(かい)」「かしら」「な」「ぞ」「ぜ」「とも」「の」「わ」「や」など。古語では「か(かな)」「てしか(てしかな)」「にしか(にしかな)」「もが(もがな)」「かし」「な」「そ」「なむ」「ばや」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうじょし【終助詞】

助詞の一。文の終わりにあってその文を成立させ、疑問・詠嘆・感動・禁止などの意を表すもの。いろいろの語に付く。口語では「か」「かい」「かしら」「な(禁止)」「ぞ」「ぜ」「とも」「って」「の」「わ」「や」「よ」、文語では「か(かな)」「が(がな)」「かし」「な(詠嘆)」「な(禁止)」「そ」「なむ」「ばや」「よ」などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の終助詞の言及

【助詞】より

…助詞か形式名詞かの問題がある。(9)終助詞 一文を終止完結する(行くカ,行くナア,行くヨ,帰りナ,帰るナ)。疑問,詠嘆,勧誘,禁止など,話し手の陳述様式を示す。…

※「終助詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

終助詞の関連キーワード出るわ出るわ有るわ有るわあらずもがな事有れかし然ればいないざかしもがもやにしがなわいやい有れかし感動助詞てしがなてしかもませんか由もがなもがもよたっけわいのしかもにもが