コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

われら死者の目ざめるとき われらししゃのめざめるときNår vi døde vågner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

われら死者の目ざめるとき
われらししゃのめざめるとき
Når vi døde vågner

ノルウェーの劇作家 H.J.イプセンの戯曲。3幕。 1899年刊,1900年1月 26日シュツットガルトのホフテアトルで初演。彫刻家ルーベクは大作「復活の日」で有名になるが,その後,創作意欲が湧かない。4年の国外旅行ののち若い妻マヤを伴って山の保養地にやってくるが,ここでかつての大作のモデルだったイレーネとめぐり会う。彼女はルーベクの作品のため,肉の姿態だけではなく,魂と心まで捧げたのだった。これを知ったルーベクは彼女との愛の復活に再生を求め,2人で山頂目指して登っていくが,なだれに巻込まれて死ぬ。イプセンの最後の作品で,晩年の象徴主義的作風の集大成ともいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android