集大成(読み)しゅうたいせい

精選版 日本国語大辞典「集大成」の解説

しゅう‐たいせい シフ‥【集大成】

〘名〙 (「しゅうだいせい」とも) ある事柄について多くのものをあつめて、一つのまとまったものにすること。また、そのもの。集成
四河入海(17C前)一二「さてには葦管を以て筆として、紙には柿葉を用てに書するぞ。貧具を集大成したぞ」 〔孟子‐万章・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「集大成」の解説

しゅう‐たいせい〔シフ‐〕【集大成】

[名](スル)多くのものを集めて、一つのまとまったものにすること。また、そのもの。集成。「多年研究集大成する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android