劇作家(読み)げきさっか

精選版 日本国語大辞典「劇作家」の解説

げきさっ‐か ゲキサク‥【劇作家】

〘名〙 演劇脚本戯曲の創作にたずさわる人。戯曲家。
※あきらめ(1911)〈田村俊子〉六「劇作家として婦人として立つに就いての抱負」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の劇作家の言及

【戯曲】より

…その際,戯曲とは,広義の演技のなかでとくに“見る”ことの側面を受け持ち,行動の全体の展望,その分節性の確認,方向の制御の責任を負うものと見ることができる。もちろん,戯曲を書く作家(劇作家)も,その内面では眼に見えない演技をしており,そのかぎりでは流れに没入して運ばれる側面を持つが,しかし,その意識の重点はあくまでも一歩ごとに踏みとどまり,全体の組立てと細部の明確さを確認することに向けられる。これに対して,他方,広義の演技は俳優の演じる狭義の演技を生みだし,この眼に見える具体的な演技が,主として行動の流動性と没入の側面を分担することになる。…

※「劇作家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android