アイドラー(読み)あいどらー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイドラー
あいどらー
idler

運搬用のベルトコンベヤーを支えている鋼管でできたローラーのこと。キャリアーともいい、鋳鉄製のものもある。ベルトの中央をくぼませ、品物がのりやすいように、ローラーを中くぼみに配置することが多い。袋詰め、箱詰めのものなどを運搬するときには、ローラーを中くぼみにせず、平らに配置する。鋼製のベルトを使用するときも平形とする。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアイドラーの言及

【パラメトリック増幅器】より

…結局f1の信号にfpの電力が乗り移ったことになり,負性抵抗形の増幅作用をもつ。fpf1の電力はアイドラーと呼ばれる共振回路で吸収する。負性抵抗形増幅器のため,サーキュレーターのような方向性結合器が必要。…

※「アイドラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android