コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイドラー あいどらー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイドラー
あいどらー
idler

運搬用のベルトコンベヤーを支えている鋼管でできたローラーのこと。キャリアーともいい、鋳鉄製のものもある。ベルトの中央をくぼませ、品物がのりやすいように、ローラーを中くぼみに配置することが多い。袋詰め、箱詰めのものなどを運搬するときには、ローラーを中くぼみにせず、平らに配置する。鋼製のベルトを使用するときも平形とする。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアイドラーの言及

【パラメトリック増幅器】より

…結局f1の信号にfpの電力が乗り移ったことになり,負性抵抗形の増幅作用をもつ。fpf1の電力はアイドラーと呼ばれる共振回路で吸収する。負性抵抗形増幅器のため,サーキュレーターのような方向性結合器が必要。…

※「アイドラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイドラーの関連キーワードジェロウム・K. ジェロームパラメトリック増幅器コンベヤー遊び車

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイドラーの関連情報