アイノコイワシ(読み)あいのこいわし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイノコイワシ
あいのこいわし

硬骨魚綱ニシン目カタクチイワシ科の2属の魚類の総称。日本周辺では、インドアイノコイワシ属の3種とアイノコイワシ属の4種が報告されているが、このうちタイワンアイノコイワシBuccaneer anchovy/Stolephorus buccaneeriがよく知られている。カタクチイワシに似て、下あごは短くて上あごの下に隠れる。体の背側は淡灰色、腹側は白色を帯び、体側に幅広い銀白色の縦帯がある。胸びれと腹びれの間に5、6個の稜鱗(りょうりん)がある。
 台湾、ジャワ島、スマトラ島、パラオ諸島に分布し、日本では駿河(するが)湾以南の太平洋岸、瀬戸内海でカタクチイワシに混じって漁獲されることがある。[浅見忠彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android