コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタイン‐スモルコフスキーの式 Einstein-Smoluchowski's equation

法則の辞典の解説

アインシュタイン‐スモルコフスキーの式【Einstein-Smoluchowski's equation】

一定時間 τ の間に,粒子がある一定距離(d)だけジャンプするものとして,このジャンプが座標軸の正の向きと負の向きに等しい確率で起きるものとする.このジャンプを多数回行わせると,粒子は巨視的な拡散を起こすことになる.このときの拡散係数 D は次のような式で表現できる.

これがアインシュタインスモルコフスキーの式である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アインシュタイン‐スモルコフスキーの式の関連キーワードジャンプ拡散係数座標軸向き

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android