コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタインの遷移確率 Einstein's transition probability

1件 の用語解説(アインシュタインの遷移確率の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アインシュタインの遷移確率【Einstein's transition probability】

原子に2種類のエネルギー状態 mn があって,n 状態のほうがエネルギーを余分にもっていて,m 状態への遷移が自発的に起こりうるものとしたとき,このときの発光スペクトル線の波数を νnm とすると,この線の強度 Inm(em) は次の式で表せる.

Inm(em)Nnhc νnm Anm

ここで Nn は状態 n にある原子の数密度(ポピュレーション)で,遷移の確率が Anm である.この Anm をアインシュタインの自然放射遷移確率,またはアインシュタインの A 係数という.これはつまり発光原子が状態 n から状態 m へと遷移する割合である.

また吸収が起きて状態 m から状態 n へと遷移する場合に,これに伴って吸収されるエネルギー Inm(abs) は次のようになる.

Inm(abs)=ρnmNmBmnxh νnm

ここで νnm が吸収される照射光の波数,ρ はその放射エネルギー密度,吸収層の厚さが ⊿x である.Bmn が吸収遷移確率,またはアインシュタインの B 係数と呼ばれる.この A 係数と B 係数との間の関係について,アインシュタインはプランクの輻射公式*から熱平衡を仮定して次のような関係式が成り立つことを導いた.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone