コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウクスブルク信条 アウクスブルクしんじょうAugsburg Confession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウクスブルク信条
アウクスブルクしんじょう
Augsburg Confession

ルター派の信条書の一つ。メランヒトンが起草しルターの承認を経て,1530年6月 25日アウクスブルク国会で皇帝カルル5世に捧げられた。ルター派の教義を簡潔,適切に表現したものとして,今日にいたるまでルター派の信条書の範とされている。 28章より成り,第1~21章は信仰と教義について,第 22~28章はローマ教会の悪弊について述べている。旧教の側からの反駁を受けてメランヒトンが 31年に出した弁明書"Apologia Confessionis Augustanae"も,その内容自体の価値によって,信条書自体と同列に重んじられている。ほかに 40年にメランヒトンが草した『改変されたアウクスブルク信条』 Confessio variataがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アウクスブルク信条の関連キーワードシュツットガルト信仰告白ナウムブルク宗教会議アウクスブルクの和議シュマルカルデン戦争マールブルク会談シュワーバハ条項三十九信仰個条カメラリウスルター派教会キルヒナー和協信条書和協信条

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android