コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧教 きゅうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧教
きゅうきょう

カトリック教の日本での俗称。明治維新後,キリスト教が再渡来したとき,初めて渡来したプロテスタント新教と称されたのに対して,江戸幕府の禁令下にあったカトリックは旧教と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

旧教【きゅうきょう】

ローマ・カトリック教会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうきょう【旧教】

宗教改革により成立したプロテスタント諸教派に対して、カトリック教会とその教えのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旧教の関連キーワード聖ウルリヒ#amp;アフラ教会フェルディナント(2世)ギーズ公アンリ(1世)ブリストル(伯・侯家)アウクスブルクの和議三十九ヵ条の信仰告白プロテスタンティズムノーフォーク(公)神父(祭司)/牧師アウクスブルク信条ブリストル(伯)ホーエンローエ家クサンテン条約ジェームズ2世ガウリー(伯)カトリック教会アンリ[4世]スヴェーリンクレイキャビークアンリ[3世]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android