コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスブルク大聖堂 アウグスブルクダイセイドウ

1件 の用語解説(アウグスブルク大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アウグスブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【アウグスブルク大聖堂】

Augsburger Dom》ドイツ南部、バイエルン州の都市、アウグスブルクにある大聖堂。9世紀から11世紀にかけてのロマネスク様式と14世紀以降に改築されたゴシック様式が併存する。11世紀後半に製作された、「預言者の窓」と呼ばれるステンドグラスは、完全な形で残るステンドグラスとして世界最古のものといわれている。アウクスブルク大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウグスブルク大聖堂の関連キーワードDOM西ドイツ東ドイツドイツ鯉ドイムドイリー統一ドイツフルダ大聖堂ベルリン大聖堂ドイ語