コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスブルク大聖堂 アウグスブルクダイセイドウ

1件 の用語解説(アウグスブルク大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アウグスブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【アウグスブルク大聖堂】

Augsburger Dom》ドイツ南部、バイエルン州の都市、アウグスブルクにある大聖堂。9世紀から11世紀にかけてのロマネスク様式と14世紀以降に改築されたゴシック様式が併存する。11世紀後半に製作された、「預言者の窓」と呼ばれるステンドグラスは、完全な形で残るステンドグラスとして世界最古のものといわれている。アウクスブルク大聖堂

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アウグスブルク大聖堂の関連キーワードSAXこずえドイツドーム接辞マインツ大聖堂DOMDreamweaver要素AjaxJquery

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone