コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預言者 よげんしゃ nābī; prophētēs; prophet

6件 の用語解説(預言者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預言者
よげんしゃ
nābī; prophētēs; prophet

自己の思想やおもわくによらず,霊感により啓示された神意 (託宣) を伝達し,あるいは解釈して神と人とを仲介する者。祭司が預言者となる場合もあり,しばしば共同体の指導的役割を果す。預言者の典型としては旧約聖書のモーセ,エリヤイザヤエレミヤエゼキエルダニエルらの大預言者,およびギリシア宗教では,アイスキュロスソフォクレス,またエウリピデスらが描く盲目の預言者テイレシアスカッサンドラらがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よげん‐しゃ【預言者】

預言する力を与えられた者。特に、古代イスラエル民族に現れた宗教的指導者。
イスラム教で、モーセやイエスなど神が啓示を伝えるために遣わした人。ムハンマドは最後の預言者とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

預言者【よげんしゃ】

英語prophetなどの訳。未来を予知・予言する霊能者で,〈予言者〉とも記されるが,特に聖書の伝統をひく宗教にあって〈神の言を預かる〉との意を強調しつつ〈預言者〉と表記されることが多い。
→関連項目啓示シャマニズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よげんしゃ【預言者 prophet】

宗教史上広く見られる現象としては,超越者からのカリスマ(霊的賜物)によって何らかの程度に日常性を超える究極のものを明らかにし,人に救済をもたらす働きをする霊能者のこと。通常の場合は,未来の事象の予言も含まれる。ここでは預言の意味を深め,また長期にわたって預言活動の続いた古代イスラエルに問題をしぼって,預言者の問題をたどる。 古代イスラエルの思想史的発展の記録である旧約聖書では,すでに最も古いいわゆる族長アブラハムを預言者と呼んでいる個所があるが(《創世記》20:7),狭義の預言者は一定の社会史的条件のもとに登場し,活動したもので,その点で広義の預言者的ということと区別したい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よげんしゃ【預言者】

預言を語る力をそなえている者。特に古代イスラエルで、神の召命を受け王政を厳しく批判した民族的指導者。
イスラム教で、ムハンマドの称。ムハンマドは最高にして最後の預言者とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

預言者
よげんしゃ
nb'ヘブライ語
prophet英語
prophteフランス語
Prophetドイツ語

きたるべき世界の内容や、その意味、それに対する人間の態度や生活のあり方を指し示す人たちをいう。ユダヤ教キリスト教などの宗教的預言者がその代表。『旧約聖書』の「サムエル記」には、神がかり状態のなかで幻を見、それを伝える見者(けんじゃ)(ローエーr,eh)のことが記されている。見者には、このようにシャーマンの性格がみいだされるが、預言者(ナービーnb,)となると、ただ幻を見て語るだけでなく、預言者に臨んだ神のことばを語る性格が強くなる。
 この見者と預言者との区別は、同じ『旧約聖書』のなかでかならずしも明瞭(めいりょう)にされているわけではない。キリスト教で『旧約聖書』とよばれている部分は、ユダヤ教では主たる聖典であり、「律法」「預言書」「諸書」の3部に大別される。このなかの「預言書」は、さらに「ヨシュア記」「士師(しし)記」「サムエル記」上下、「列王紀」上下の4書を「前預言書」とよび、「後預言書」すなわち「イザヤ書」「エレミヤ書」「エゼキエル書」の三大預言書と、「ホセア書」「ヨエル書」「アモス書」「オバデヤ書」「ヨナ書」「ミカ書」「ナホム書」「ハバクク書」「ゼバニヤ書」「ハガイ書」「ゼカリヤ書」「マラキ書」などの十二小預言書とに分かれる。「前預言書」は、預言書の名前こそもつものの、モーセの指導のもとにカナーンの地に入ったイスラエル民族が、そこにイスラエル王国を建設、やがて南北に分裂、滅亡して「バビロンの捕囚」に至るまでを記した、むしろ歴史書である。ここには見者は登場しても、その名にふさわしい預言者はほとんど描かれていない。
 典型的な預言者が描かれているのは「後預言書」である。これらの預言書には、まず、神の命に反し、異教の神々を拝して不義の生活に走るイスラエル民族への批判が語られ、そのような生活のもたらすものが民族の滅亡であることを告げ、その状態からの立ち直りが叫ばれている。しかし、その預言者たちのことばもむなしく、民族が滅亡し「バビロンの捕囚」を迎えると、今度は、苦難に陥った民族を励まし、苦難が将来の生活にもつ積極的な意味づけが語られる。これが「エゼキエル書」や「イザヤ書」の第40~66章である。とくに「イザヤ書」の第53章にみられる「主のしもべのうた」は、きたるべきイエスの出現を「預言」したことばとして知られる。
 このように預言者は、神のことば、それも倫理性を強く帯びたことばを、神から預かって語る人々である。ユダヤ教、キリスト教の、アモス、ホセア、イザヤ、エレミヤ、第二イザヤ、エゼキエルなどが、なかでも代表的存在である。しかし、イスラム教では、イエスも預言者の一人とされ、マホメット(ムハンマド)は最後で最大の預言者になっている。日本では、『立正安国論(りっしょうあんこくろん)』によって内憂外患のあることを説いた鎌倉仏教の日蓮(にちれん)や、不義の戦争による日本の亡国を説いた無教会主義キリスト教の内村鑑三(うちむらかんぞう)や矢内原忠雄(やないはらただお)などが、預言者的人物とされている。
 預言者および預言者的人物にみられる共通性は、強烈な召命体験と終末意識とをもってする、その生きた社会への批判である。そのために世の迫害を受けることが多く、伝統的宗教の祭司とも対立する。預言者は、しばしば、社会変動期の危機状況のなかに出現するが、預言者とその精神によって、新しい社会を目ざした変革状況が促進されることもある。[鈴木範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の預言者の言及

【イスラム】より


【イスラムとはなにか】
 イスラムはアラブの預言者ムハンマドが610年に創唱した一神教で,世界宗教として西アジア,アフリカ,インド亜大陸,東南アジアを中心に現在ほぼ6億の信者をもつ。正しくはアラビア語でイスラームといい,〈唯一の神アッラーに絶対的に服従すること〉を意味する。…

【神】より

…【山折 哲雄】
【ヘブライズムの神】
 古代イスラエル宗教,ユダヤ教,キリスト教,さらにイスラム教の系譜は,ふつう(唯)一神教といわれる。経典では旧約聖書(ユダヤ教では〈律法・預言者・諸書〉略してタナハTanakh),新約聖書,さらにコーランに示される。ヘブライズムの唯一神の特徴は,ギリシア思想における哲学的・思弁的宇宙原理や原始的自然宗教における畏怖の対象と異なるとともに,直接の環境世界をなす古代オリエント宗教の多神教における宇宙論的至高神とも異なり,特定の人間・社会に対する〈かかわり〉と〈働き〉の中に見られる。…

【シャマニズム】より

…シャマニズムとは通常,トランスのような異常心理状態において超自然的存在(神霊,精霊,死霊など)と直接に接触・交流し,この間に予言,託宣,卜占,治病,祭儀などを行う人物(シャーマン)を中心とする呪術・宗教的形態である。〈シャーマン〉の語はツングース系諸族において呪術師を意味する〈サマンšaman,saman〉に由来するとする説が有力である。ほかに〈沙門〉を意味するサンスクリットの〈シュラマナśramana〉やパーリ語の〈サマナsamana〉からの借用語であるとか,ペルシア語の〈シェメンshemen〉(偶像,祠)からの転化語であるとする説もある。…

【終末論】より

…また神の〈義〉は第1には審判ではなくて,秩序をつくり保持する力であった。したがって終末論と呼ばれるものは厳密には初期イスラエルにはなく,それが起こったのは王国の滅亡が迫った前8世紀の預言者においてである。まずアモスが神の審判とイスラエルの終りを告げ,次にホセアとイザヤが新しい世界の誕生を告げた。…

【神託】より

… 古代ギリシアでは,公的生活も,私的生活も,重要な決定はすべて神託中心に営まれ,特にデルフォイのアポロンの神託は,ソクラテスの哲学的活動の源泉となり,彼自身の思索と行動に密接な関係をもっていたことで知られている。古代イスラエルの預言者たちも,神の言葉をすべて一人称の言葉で語るシャーマンであり,神の〈私〉と預言者の〈私〉とは,彼の語る言葉のなかで切り離しがたく結合している。預言者の言葉が,〈神の言葉〉として,しばしば民族の危機に臨んで,歴史を動かす力となったのはそのためである。…

【聖書】より

…イエスをメシア(救世主)とは認めないユダヤ教では,キリスト教会によって旧約聖書と名づけられた文書が唯一の聖典である。
【聖書の区分と内容】

[旧約聖書]
 旧約聖書はユダヤ教で成立したヘブライ原典では,〈律法(トーラー)〉〈預言者(ネビーイーム)〉〈諸書(ケスービーム)〉に区分され,この順に置かれている。ユダヤ教徒は日常的にはこの聖典を,その3区分の頭文字をとって〈タナハTanakh〉,または読誦を意味する〈ミクラーMiqra’〉と呼んでいる。…

【哲学】より

…それは,前4千年紀以来の第1期第1世代の先進文明圏の縁辺地域において始まったのであった。イラン高原にはゾロアスターがあらわれ,パレスティナには預言者たちがあらわれた。また,この第1期第1世代の古代先進文明圏の縁辺地域に新しく第2期第2世代の文明社会が姿をあらわした。…

【預言(予言)】より

…神意の伝達に際しては,受け手の側に解釈が必要とされる。 宗教史的には,古代イスラエルに,預言者(ナービー)と呼ばれる一群の人々が現れ,神と民衆あるいは神と国家共同体とを仲介する役割を果たし,外敵の侵攻など国家存亡の危機に,しばしば政治的理由によって国王と対立し,体制批判者として処刑されたことが知られている。旧約聖書に登場するイザヤ,エレミヤ,ホセアなどは,そうした預言者の典型である。…

※「預言者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

預言者の関連キーワード恒常現象三位一体フェアリーサークル地主神宗教史安く見られるシューレル現象ベル現象ルンペル‐レーデ現象超越者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

預言者の関連情報