アエロスパシアル(英語表記)Aérospatiale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アエロスパシアル
Aérospatiale

フランスのかつての航空機・宇宙開発グループ。シュド・アビアシオンとノール・アビアシオンなど国有企業の合併により国営企業として設立された。航空機,宇宙防衛システム,ミサイル,ヘリコプタなどの開発と製造を行ない,イギリスと共同で超音速旅客機コンコルドを開発したことで知られる。 1970年にはヨーロッパ企業連合エアバス・インダストリーの発足に際し 37.9%の出資をして,旅客機の開発でも主要な役割を演ずることとなった。 1992年ヘリコプタ事業部門はドイツ MBBと合併,ユーロコプタとなる。また航空宇宙部門で小型のスペースシャトル『エルメス』などを開発。 1990年代後半には航空防衛産業の統合ならびに再編が進んだことから,民間の宇宙・防衛企業マトラと合併,アエロスパシアル・マトラとして民営化され,のちにEADS (ヨーロピアン・エアロノーティック・ディフェンス・アンド・スペース) へ発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アエロスパシアルの関連情報