アクモラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクモラ
あくもら
Акмола Akmola

中央アジア、カザフスタン共和国の首都アスタナАстана/Astanaの旧称。ソ連崩壊後の1991年から1998年まで用いられた。1961年まではアクモリンスクАкмолинск/Akmolinskとよばれ、1961~1991年はツェリノグラードЦелиноград/Tselinogradとよばれていた。1997年に同共和国の首都になったことにより、1998年に「首都」を意味するアスタナと改称。なお、アスタナを州都とする州名のアクモラ州の名称は現在も用いられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android