コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコソンボ・ダム あこそんぼだむ

世界大百科事典内のアコソンボ・ダムの言及

【ボルタ[川]】より

…ボルタ・ブランシュはブルキナファソの中部高地ワガドゥグの北に源を発してほぼ南流し,同じワガドゥグの南西部に源を発するボルタ・ルージュとガーナ北部で合流し,その後多くの河川を集めながら,ほぼ南北にガーナを貫流している。 このボルタ川を開発するために,ガーナが独立当初から計画したのがボルタ計画で,その一環として,世界銀行やイギリス,アメリカなどの援助のもとに,1966年,4年の工期をかけてアコソンボ・ダムAkosombo Damが完成し,面積約8500km2におよぶ巨大な人工湖ボルタ湖が出現した。ダム直下の発電所は80万kWの発電能力をもち,ガーナのみならずトーゴ,ベニンに送電しており,ギニア湾岸の新港テーマにはアルミ製錬工場が操業している。…

※「アコソンボ・ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone