コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスコン型 アスコンがたAsconoid type

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスコン型
アスコンがた
Asconoid type

海綿動物に特有な組織構造 (溝系) の3つの基本型の一つ。最も単純な型で,直立した中空状の集りから成る。石灰海綿綱のカゴアミカイメン属などにみられる。また,すべての海綿が発生の初期にはこの型を示し,やがて,やや複雑なサイコン (シコン) 型 (ケツボカイメン属など) や複雑なロイコン (リューコン) 型を形成していく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアスコン型の言及

【カイメン(海綿)】より

…食物粒子をとりこんだ襟細胞は,それを体内にある原始細胞および遊走細胞へ運んで,そこで消化する。 体表から胃腔へ通ずる水の通路,すなわち水溝の形式には簡単なものから複雑なものまであって,アスコン型,サイコン型,リューコン型(ロイコン型)の順に複雑になっている。アスコン型asconoid typeは原始的で薄い体壁をもつ個体に見られる。…

※「アスコン型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone