アストロノータス(読み)あすとろのーたす(英語表記)oscar

  • Astronotus ocellatus

翻訳|oscar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目カワスズメ科(別名シクリッド科)に属する淡水魚。観賞用熱帯魚として飼育の歴史が古く、日本では属名でアストロノータス、あるいはそれを省略してアストロとよばれている。南アメリカのアマゾン川、パラナ川、パラグアイ川流域に分布する。全長35センチメートルに達し、黒褐色の地に赤みを帯びた不規則な模様があるが、色彩は変異に富む。飼育では、イトミミズやアカムシなどの生き餌(え)から魚の切り身、配合餌料(じりょう)まで食べるじょうぶで慣れやすい魚であるが、成長が早く、すぐに大形になって性質も荒くなる。繁殖は比較的容易で、つがいをつくって石面などに数百個の卵を産み付ける。

[多紀保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android