コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスペルギルス属

栄養・生化学辞典の解説

アスペルギルス属

 シロカビの一種で,有用株としては酒造やアメの製造に用いられる[A. oryzae]や,醤油の製造に用いられる[A. sojae]などがあるが,[A. flavus]のように,発がん物質を出す株もある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアスペルギルス属の言及

【消化薬】より

…(3)微生物由来の消化酵素は,薬物としての消化酵素の最も多彩な種類の提供源となっている。とくにアスペルギルス属Aspergillusから抽出された消化酵素は種類が多く,アミラーゼ,プロテアーゼ,リパーゼの作用を併せもつものもある。しかもタンパク質消化の至適pHが酸性領域にあるものが多く,耐酸性の消化酵素として実用価値が高い。…

※「アスペルギルス属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アスペルギルス属の関連キーワードアスペルギルス症イタコン酸院内肺炎麹菌