コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒造 シュゾウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぞう〔‐ザウ〕【酒造】

酒をつくること。造酒。「酒造家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぞう【酒造】

酒をつくること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の酒造の言及

【酒屋】より

…日本古代における酒造は,禁裏造酒司(さけのつかさ)や神社付属の酒殿において行われ,また各戸においても容易に醸造できたためか,酒屋を商業として営むものは少なかった。《日本霊異記》に酒を水でうすめて売る女が現れてくるのが早い例であろう。…

※「酒造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

酒造の関連キーワード土佐しらぎく越後五十嵐川大吟醸 田島久壽玉正宗さかみずき越路乃紅梅久慈の山白鷺の城栄光冨士開當男山越路吹雪作州武蔵越乃白雁富久若松武甲正宗常きげん播州一献黒松白鹿酒呑童子越乃八豊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒造の関連情報