アセチルアミノフルオレン

栄養・生化学辞典の解説

アセチルアミノフルオレン

 C15H13NO (mw223.28).

 芳香族アミン発がん性,変異原性測定の際,陽性の対照物質として使われる化合物肝臓腎臓などの機能低下を起こす物質の一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android