コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチレン系炭化水素(読み)アセチレンけいたんかすいそ(英語表記)hydro-carbons of acetylene series

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチレン系炭化水素
アセチレンけいたんかすいそ
hydro-carbons of acetylene series

アルキンともいわれ,CnH2n-2 (ただし n≧2 ) の一般式をもつ。アセチレンの同族体で,三重結合を1つもつ不飽和鎖式炭化水素の総称である。 n=2 はアセチレン,n=3 はメチルアセチレン,n=4 は1-ブチンおよび2-ブチンである。不飽和性が高いので,反応性に富んでいる。 C12H22 までは気体ないし液体で,特異臭を有し,光のある炎をあげて燃焼する。空気または酸素との混合物は爆発性がある。エチレン系炭化水素の呈する諸反応をより容易に行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアセチレン系炭化水素の言及

【アルキン】より

…三重結合一つをもつ脂肪族鎖式不飽和炭化水素の一般名。一般式CnH2n-2で表される一群の化合物で,アセチレン系(アセチレン列)炭化水素ともよばれる。骨格をつくる炭素原子のうちの2個は三重結合で結ばれているが,他の炭素間結合はすべて単結合である。…

※「アセチレン系炭化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報