コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重結合 サンジュウケツゴウ

5件 の用語解説(三重結合の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんじゅう‐けつごう〔サンヂユウケツガフ〕【三重結合】

原子間の結合が三つの共有結合からなるもの。-C≡C-(アセチレン結合)、-C≡N(シアン結合)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三重結合【さんじゅうけつごう】

二つの原子間の共有結合で,三つの電子対によって結合しているものをいう。構造式では−C≡C,−C≡Nなどのように3本の線で表すことが多い。炭素どうし三重結合アセチレン結合という。
→関連項目化学結合不飽和化合物飽和化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうけつごう【三重結合 triple bond】

化合物の中の二つの原子が3個の共有結合で結ばれているとき,この結合を三重結合という。構造式では3本の線で表して,とくに二つの炭素原子間の三重結合-C≡C-をアセチレン結合という。この3個の共有結合は同等ではなく,1個のσ結合と,2個のπ結合からなる。π結合のため反応性が強く,不飽和性を示し,付加反応が起こり,酸化などの反応により三重結合のところで分子は切断されやすい。炭素原子の最外殻の電子配置は(2s)2(2px)(2py)であるが,(2s)2の電子対が解けて電子1個が空いている2pz軌道に昇位して(2s)(2px)(2py)(2pz)となり,さらに2s軌道と2px軌道がsp混成して,結合軸方向(x軸)で向きが180度異なる二つの混成軌道をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんじゅうけつごう【三重結合】

二個の原子が三個の共有結合で結ばれていること。-C≡C- や -C≡N のようにアセチレンやシアン化物中に存在する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三重結合
さんじゅうけつごう
triple bond

共有結合の一様式。窒素分子の中の二つの窒素原子間の結合や、アセチレン(アルキンの一つ)H-C≡C-Hの炭素間の結合が代表例。この二つの炭素原子間の三重結合をアセチレン結合という。
 窒素原子の最外殻電子は(2px)1(2py)1(2pz)1の配置をもつが、二つの窒素原子は、それぞれpx、py、pzどうしが共有結合をつくるので、三つの結合が窒素原子核の間にできることになる。結合軸をz軸にとると、pzどうしの重なりからσ(シグマ)結合ができ、pyどうしとpzどうしからはπ(パイ)結合ができる。したがって、三つの結合はσ結合一つとπ結合二つからできていることになる。アセチレンの場合は、炭素原子のsp混成軌道からσ結合ができ、他の二つの結合は、炭素原子のpx、py軌道の重なりによるπ結合である。一般に三重結合の原子間距離は二重結合のそれより短く、また、炭素化合物における三重結合の反応性は高く、不安定である。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三重結合の関連キーワード共有結合共有結合結晶原子価錯化合物σ結合π結合化合結合半径共有電子対ラセミ化合物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三重結合の関連情報