コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダルマ adharma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダルマ
adharma

サンスクリット語で,非法と漢訳され,一般には,法 dharmaに反すること,正しくないことをさす。ジャイナ教においては,非霊魂 (アジーバ ) の一つとして,静止の条件 adharmaをあげる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアダルマの言及

【ダルマ】より

…ダルマを行うことによって,みずからの内に潜在的な力としてのダルマを蓄えれば,いくばくかの時を隔てて,この潜在的な力としてのダルマが熟したとき,よい果報,楽果がもたらされるという。ちなみに,悪業はこれとの対比で,〈アダルマ〉(非法)と称せられる。(3)ものごととしてのダルマ 〈保つもの〉〈支持するもの〉という語源から発して,仏教では,ダルマは,身心を中心として,世界を成り立たしめるさまざまな要素としても解せられた。…

※「アダルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アダルマの関連キーワードサンスクリット語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android