静止(読み)せいし

精選版 日本国語大辞典「静止」の解説

せい‐し【静止】

〘名〙
かにとどまっていること。じっとして動かないこと。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「休息とは身体全く静止すれども精神は尚ほ知覚ある時を云ひ」 〔管子‐四時〕
物体位置の関係が時間が経っても変化しないこと。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一「総て静止する物体は自ら動くこと能はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「静止」の解説

せい‐し【静止】

[名](スル)
じっとして動かないこと。「静止画面」
物体の位置が時間的に変わらないこと。運動速度が零である状態。⇔運動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android