静止(読み)せいし

精選版 日本国語大辞典 「静止」の意味・読み・例文・類語

せい‐し【静止】

〘名〙
① 静かにとどまっていること。じっとして動かないこと。
小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「休息とは身体全く静止すれども精神は尚ほ知覚ある時を云ひ」 〔管子四時
物体位置関係時間が経っても変化しないこと。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一「総て静止する物体は自ら動くこと能はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「静止」の意味・読み・例文・類語

せい‐し【静止】

[名](スル)
じっとして動かないこと。「静止画面」
物体の位置が時間的に変わらないこと。運動速度が零である状態。⇔運動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「静止」の読み・字形・画数・意味

【静止】せいし

止まる。

字通「静」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android