静止(読み)セイシ

デジタル大辞泉の解説

せい‐し【静止】

[名](スル)
じっとして動かないこと。「静止画面」
物体の位置が時間的に変わらないこと。運動の速度が零である状態。⇔運動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいし【静止】

( 名 ) スル
動かず、じっとしていること。
物体がその位置を変えないこと。 ⇔ 運動

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐し【静止】

〘名〙
① 静かにとどまっていること。じっとして動かないこと。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「休息とは身体全く静止すれども精神は尚ほ知覚ある時を云ひ」 〔管子‐四時〕
物体位置の関係が時間が経っても変化しないこと。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一「総て静止する物体は自ら動くこと能はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静止の関連情報