コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非法 ヒホウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ほう〔‐ハフ〕【非法】

法にはずれること。
「租税(みつぎもの)を重くし、―のみ多かりしかば」〈読・弓張月・拾遺〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひほう【非法】

〔歴史的仮名遣い「ひはふ」〕 法に外れること。 「廿一かでうの地頭の-をみなとどめられて候ひけり/十六夜」
〔歴史的仮名遣い「ひほふ」〕 〘仏〙 仏法にたがうこと。 「持戒の人をばくたし、かへりて-の行を徳と思ひ/沙石 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の非法の言及

【ダルマ】より

…ダルマを行うことによって,みずからの内に潜在的な力としてのダルマを蓄えれば,いくばくかの時を隔てて,この潜在的な力としてのダルマが熟したとき,よい果報,楽果がもたらされるという。ちなみに,悪業はこれとの対比で,〈アダルマ〉(非法)と称せられる。(3)ものごととしてのダルマ 〈保つもの〉〈支持するもの〉という語源から発して,仏教では,ダルマは,身心を中心として,世界を成り立たしめるさまざまな要素としても解せられた。…

※「非法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

非法の関連キーワード尾張国郡司百姓等解文尾張国郡司百姓等解アレックス ロー道(地域区分)大崎葛西一揆クーヤキウス御恩・奉公内山彦次郎御恩・奉公右馬允家安荘家の一揆アダルマ木食応其鎮西奉行藤原元命吉見頼綱近藤国平検非違使中原久経若狭忠清

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非法の関連情報