コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッバース・ミールザー ‘Abbās Mīrzā

世界大百科事典 第2版の解説

アッバース・ミールザー【‘Abbās Mīrzā】

1789‐1833
カージャール朝の第2代シャーであるファトフ・アリー・シャーの次子。皇位継承者としてアゼルバイジャン州総督を務める。進取の気風に富み,アゼルバイジャンが,オスマン帝国,帝政ロシア,ヨーロッパにもっとも近い先進的文化地域であることを利用して,早くから近代化政策,とくにヨーロッパ的な軍制改革に取り組んだ。しかし,総督在任中の2度の対ロシア戦争(1813,1826‐28)では敗北した。【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アッバース・ミールザーの関連キーワードカーイム・マカーム

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android