気風(読み)キフウ

  • きっぷ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きふう(気風)」の変化した語) その人の言動より感じられる気性。きまえ。心持。気性。性質。
※青果の市(1941)〈芝木好子〉「売り捌きは総てきっぷに委せて、殆んど喧嘩腰の荒っぽい商売だった」
〘名〙
① 雰囲気や様子などから感じられるその人の気性。気だて。心だて。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「流石(さすが)小松の嫡子迚とけた様でもどこやらに親御の気風(キフウ)残りける」
② ある集団の人たちが共通して持っていると感じられる気質。
※俳諧・類柑子(1707)中「つくづくと春の詠も鍔尽し〈其角〉 気風をしるもかへり新参〈暁白〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気風の関連情報