気風(読み)キフウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ふう【気風】

気性。気だて。特に、ある集団・地域内の人々に共通する気質。「代々伝わる進取の気風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きふう【気風】

気だて。性質。特に、ある集団や地域の人々に共通にみられる気質。 「 -の荒い土地柄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きっ‐ぷ【気風】

〘名〙 (「きふう(気風)」の変化した語) その人の言動より感じられる気性。きまえ。心持。気性。性質。
※青果の市(1941)〈芝木好子〉「売り捌きは総てきっぷに委せて、殆んど喧嘩腰の荒っぽい商売だった」

き‐ふう【気風】

〘名〙
① 雰囲気や様子などから感じられるその人の気性。気だて。心だて。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「流石(さすが)小松の嫡子迚とけた様でもどこやらに親御の気風(キフウ)残りける」
② ある集団の人たちが共通して持っていると感じられる気質。
※俳諧・類柑子(1707)中「つくづくと春の詠も鍔尽し〈其角〉 気風をしるもかへり新参〈暁白〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気風の関連情報