気風(読み)きふう

精選版 日本国語大辞典「気風」の解説

き‐ふう【気風】

〘名〙
① 雰囲や様子などから感じられるその人の気性。気だて。心だて。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「流石(さすが)小松の嫡子迚とけた様でもどこやらに親御の気風(キフウ)残りける」
② ある集団の人たちが共通して持っていると感じられる気質
※俳諧・類柑子(1707)中「つくづくと春の詠も鍔尽し〈其角〉 気風をしるもかへり新参〈暁白〉」

きっ‐ぷ【気風】

〘名〙 (「きふう(気風)」の変化した語) その人の言動より感じられる気性。きまえ。心持。気性。性質。
青果の市(1941)〈芝木好子〉「売り捌きは総てきっぷに委せて、殆んど喧嘩腰の荒っぽい商売だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気風」の解説

き‐ふう【気風】

気性。気だて。特に、ある集団・地域内の人々に共通する気質。「代々伝わる進取気風
[類語]さが気性気質性向性情性格気象気立て気前心ばえ心根心柄じょうたち性分性質本性本能天性気心人となり人間性キャラクター気質かたぎ肌合い家風精神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android