コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カージャール朝 カージャールちょう Qājāriyya

5件 の用語解説(カージャール朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カージャール朝
カージャールちょう
Qājāriyya

イランのトルコ系王朝 (1794~1925) 。ザンド朝を倒したカージャール族のアーガー・ムハンマドによって開かれた。その初期には,ホラーサーン地方の統治やロシアの侵入の撃退に成功を収めたが,ロシアとの再度の戦いに敗れ,1828年のトルクマンチャイ条約によってその治外法権を認めてのち,これが諸列強にも適用され,イラン植民地化が開始された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カージャール‐ちょう〔‐テウ〕【カージャール朝】

Qājār》18世紀末から20世紀初めにかけて、イランを支配したイスラム王朝。1779年、アガームハンマドがゼンド王朝を倒して創始。首都はテヘラン。ロシア・イギリスの侵略に弱体化して、1925年に断絶。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カージャール朝【カージャールちょう】

1779年―1925年。イランを支配したトルクメン系の王朝。1779年アーガー・ムハンマドハーンザンド朝を倒してイランを統一。1786年首都をテヘランに定めた。
→関連項目イギリス・イラン戦争イラントルコマンチャーイ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カージャールちょう【カージャール朝 Qājār】

イランを支配したトルクメン系の王朝。1779‐1925年。部族としてのカージャール族の名は15世紀に初めてみえる。サファビー朝クズルバシュ(紅帽軍)を構成する部族で,17世紀までアゼルバイジャン地方で遊牧していた。その後,辺境防備のためカスピ海南東のゴルガーン地方に移された。1779年,族長アーガー・ムハンマド(モハンマド)・ハーンザンド朝カリーム・ハーンを倒してイランを統一し,86年テヘランを首都に定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カージャール朝
かーじゃーるちょう
Qjr

近代イランの王朝(1779~1925)。カスピ海南東部ゴルガーン地方に遊牧していたトルコ系のカージャール部族が、アーガー・モハンマドに率いられて1779年ザンド朝を倒してイランを統一した。1786年首都をテヘランに移した。同朝の国家構造は遊牧分封制に基づく中世的なものであり、19世紀になると、イギリス、ロシアを中心とするヨーロッパ列強の経済的、政治的侵略にさらされた。二度にわたる対ロシア戦争の結果、1828年のトルコマンチャーイ条約によってカフカスの領土を失い、41年のイギリスとの通商条約締結によって資本主義の市場に組み込まれた。1848~51年の宰相アミール・カビールによる近代改革は実効をあげず、70年代以降のヨーロッパ人投資家に対する各種利権譲渡によって王朝の体制は弱体化した。1891~92年のたばこボイコット運動、1905~11年の立憲革命によって王朝の支配権は揺らぎ、第一次世界大戦後の1921年のレザー・ハーンの軍事クーデターで事実上、崩壊した。[坂本 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カージャール朝の関連キーワードクシャン朝トルクメントルクメン語トルクメン人王朝ホラズム朝トルクメナバートアク・コユンル朝カラ・コユンル朝ダーニシュメンド朝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カージャール朝の関連情報