コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カージャール朝 カージャールちょうQājāriyya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カージャール朝
カージャールちょう
Qājāriyya

イランのトルコ系王朝(1794~1925)。ザンド朝を倒したカージャール族のアーガー・ムハンマドによって開かれた。初期にはホラーサーン地方の統治やロシアの侵入の撃退に成功を収めたが,ロシアとの再度の戦いに敗れ,1828年のトルクマンチャイ条約によってその治外法権を認めてのち,これが諸列強にも適用され,イランの植民地化が開始された。北西部における失地をアフガニスタン方面で回復しようとしてイギリスと対立したが,1857年パリ条約でアフガニスタンを承認し,ヘラート地方(→ヘラート)をも最終的に失った。一方,1876年までに中央アジアを併合したロシアはさらに南下政策を推進しようとし,イランをめぐるイギリスとロシアの確執が激化した。これに対しイラン内部では,バーブ教ジャマール・ウッディーン・アルアフガーニーによる民族解放運動に続いて,1905年頃から立憲運動が開始され,1906年ついに立憲君主制が採用された。しかしこの間にもイギリスとロシアの帝国主義的侵略は進展し,1907年両国のイラン分割協定の締結によりイランの半植民地化は確定的となった。1917年ロシア革命勃発のためロシアが引き揚げると,イギリスはイランを保護国化する協約の批准を迫った。さらに 1920年,白衛軍を追う赤軍のカスピ海沿岸のエンゼリー港(→バンダレアンザリー)占領およびラシュト進出に,イラン国内における危機感はいっそう高まったが,カージャール朝はこれに対しなんらなすすべをもたなかった。このとき赤軍との交戦に敗退したコサック旅団の一将校レザー・ハーンは兵を率いて 1921年テヘランを占領,新内閣を組織してこの危機を乗り切り,1925年イラン国王に推戴されレザー・シャーと名のった。ここにカージャール朝は滅び,パフラビー朝の成立をみた。(→イラン史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カージャール‐ちょう〔‐テウ〕【カージャール朝】

Qājār》18世紀末から20世紀初めにかけて、イランを支配したイスラム王朝。1779年、アガームハンマドがゼンド王朝を倒して創始。首都はテヘラン。ロシア・イギリスの侵略に弱体化して、1925年に断絶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カージャール朝【カージャールちょう】

1779年―1925年。イランを支配したトルクメン系の王朝。1779年アーガー・ムハンマド・ハーンがザンド朝を倒してイランを統一。1786年首都をテヘランに定めた。
→関連項目イギリス・イラン戦争イラントルコマンチャーイ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カージャールちょう【カージャール朝 Qājār】

イランを支配したトルクメン系の王朝。1779‐1925年。部族としてのカージャール族の名は15世紀に初めてみえる。サファビー朝クズルバシュ(紅帽軍)を構成する部族で,17世紀までアゼルバイジャン地方で遊牧していた。その後,辺境防備のためカスピ海南東のゴルガーン地方に移された。1779年,族長アーガー・ムハンマド(モハンマド)・ハーンザンド朝のカリーム・ハーンを倒してイランを統一し,86年テヘランを首都に定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カージャール朝
かーじゃーるちょう
Qjr

近代イランの王朝(1779~1925)。カスピ海南東部ゴルガーン地方に遊牧していたトルコ系のカージャール部族が、アーガー・モハンマドに率いられて1779年ザンド朝を倒してイランを統一した。1786年首都をテヘランに移した。同朝の国家構造は遊牧分封制に基づく中世的なものであり、19世紀になると、イギリス、ロシアを中心とするヨーロッパ列強の経済的、政治的侵略にさらされた。二度にわたる対ロシア戦争の結果、1828年のトルコマンチャーイ条約によってカフカスの領土を失い、41年のイギリスとの通商条約締結によって資本主義の市場に組み込まれた。1848~51年の宰相アミール・カビールによる近代改革は実効をあげず、70年代以降のヨーロッパ人投資家に対する各種利権譲渡によって王朝の体制は弱体化した。1891~92年のたばこボイコット運動、1905~11年の立憲革命によって王朝の支配権は揺らぎ、第一次世界大戦後の1921年のレザー・ハーンの軍事クーデターで事実上、崩壊した。[坂本 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カージャール朝の関連キーワードミールザー・アーガー・ハーン・ケルマーニージャマーロッディーン・イスファハーニーミールザー・ハサン・シーラージーウィリアム・ノックス ダーシーアーガー・ムハンマド・ハーンレザー・シャー・パフラビーハーシェム ラジャブザーデレザー・シャー・パフラビーミールザー・タキー・ハーンファトフ・アリー・シャーファッロヒー・ヤズディーアゼルバイジャン(地方)ナーシル・ウッディーンタバコ・ボイコット運動アッバース・ミールザータバコ・ボイコット運動イーラジ・ミールザーイブラーヒーム・ベクサーデク・ヘダーヤトクッラトゥル・アイン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android