コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アティランバカム遺跡 アティランバカムいせきAttirambakkam

1件 の用語解説(アティランバカム遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティランバカム遺跡
アティランバカムいせき
Attirambakkam

インドタミルナードゥ州チングレプット地方の先史遺跡。マドラス文化握斧を出土する代表的な遺跡で,1965年に K.D.バンネルジーが調査した。アシュール型のハンドアックスクリーバーを出土する層の上に,スクレーパーなどを出土する剥片石器群の層があり,さらに細石器の層がその上に存在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone