コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細石器 さいせっきmicrolith

翻訳|microlith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細石器
さいせっき
microlith

長さ数 cm,幅 1cm前後の小型の石器。なかには長さが 1cmに満たないものもある。後期旧石器時代末に現れ,ことに中石器時代に盛行した。不定形な石器もみられるが,幾何学形細石器と呼ばれるものは,長方形三角形,台形,半月形を呈している。これらは主としてアフラシア大陸西部に分布する。個々の石器は単独で用いられるものではなく,木または骨の柄の片側あるいは両側に縦に刻まれた溝へ数個ないし十数個がはめこまれ,ナイフ,鎌,あるいは槍,銛として使用された。刃部が損傷すれば,その部分だけをはめ替えればよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐せっき〔‐セキキ〕【細石器】

長さ2、3センチの小形石器。木や骨角の軸に数個はめこんで、ナイフ・槍・鎌として用いた。旧石器時代末から、所により新石器時代に見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

細石器【さいせっき】

細長い石刃(せきじん)を割った剥片(はくへん)の片面に加工した長さ2〜3cm大の微細な石器。三角形,三日月形,台形などのものがある。多くは数個を木や骨に付けて銛(もり),ナイフ,釣針,彫器などとして使用された。
→関連項目アジール文化カプサ文化沙苑文化タルドノア文化ナトゥフ文化剥片石器マリタ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいせっき【細石器 microlith】

小型の,あるいは細かい石器を意味し,石器の形状の特徴から生まれた名称。フランスのフェラン・タルドノア遺跡(1879)やマス・ダジール洞窟(1887)の調査でこの種の石器の存在が知られた。日本で細石器と訳され,学史に現れるのは昭和の初めころからである。世界史的にみて細石器が製作・使用された時代はおよそ1万年前ころである。地域により年代,文化編年に多少の違いはあるが,旧石器時代の末期から新石器時代の初めにかけて(その中間に中石器時代を置くことがある)の時代を示標する石器の一つである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいせっき【細石器】

三日月形・長方形・三角形などの形をし、長さ2、3センチメートルの小さい石器。主に中石器時代に、骨や木などの軸にはめこんで刃物として用いた。日本でも旧石器時代末にみられる。マイクロリス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細石器
さいせっき

ミクロリスmicrolithともよばれる小さな石器。幅1センチメートル、長さ5センチメートル以下ぐらいのきわめて小さな石器であり、単独で使用するものではなく、木や骨の柄(え)にはめ込んで使われた。小さいためきわめて軽く、また一定の石材からもっとも長い刃を得ることができる。先史時代にあっては良質の石材は限られており、そのためもっとも能率のよい方向へと石器製作の技術は発展していった。その方向の頂点にあるのが細石器である。後期旧石器時代末期から中石器時代にかけてもっとも盛行し、新旧両大陸ともにみられる。このように世界的にみられるので、その形態、あり方はさまざまである。世界的にみた場合には、小さな石刃(せきじん)の形をあまり変えずに使っている例が多いが、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカといった環地中海地域には、長方形、台形、三角形、半円形といった幾何学形をしたものもある。これらは幾何学形細石器とよばれる。[藤本 強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の細石器の言及

【中石器時代】より

…しかし,ヨーロッパの中でも,中石器時代という用語があまり使用されず,農耕文化出現以前の最終末旧石器時代ということで続旧石器時代Epipalaeolithicの語が使われる地域もある。 ヨーロッパにおける中石器時代は,きわめて小型の石器,すなわち細石器によって特徴づけられる。この細石器自体は,後期旧石器時代にすでに存在しているが,中石器時代にはとくに優勢となる。…

※「細石器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細石器の関連キーワードレバンタイン・オーリニャック文化アイン・マッラッハー遺跡ナーガールジュナコンダカリム・シャヒル遺跡オニオン・ポーテージアティランバカム遺跡ビルバンプール遺跡モンゴル細石器文化ソーベテール文化ラングプール遺跡ハルツーム遺跡群ブラフマギリ遺跡マグレモーゼ文化ウィルトン文化泉福寺洞穴遺跡デンビー岬遺跡ソーベテル文化クッバニア遺跡プラカシュ遺跡カンピニー文化

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android