コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナイ人の国制 アテナイじんのこくせいAthēnaiōn Politeia; Constitution of Athens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテナイ人の国制
アテナイじんのこくせい
Athēnaiōn Politeia; Constitution of Athens

(1) ギリシアクセノフォンの作とされるが,実際は前 430年頃アテネの寡頭政治家の書いた小論。アテネの国家制度の称賛の陰に民主制とアテネ帝国主義に対する鋭い批判を隠している。 (2) アリストテレスの著作。 158編,うち 99編が現存。 1890年エジプトのパピルスのなかから発見。アテネの国制をその発達の初期から 30人僭主制の崩壊にいたるまで跡づけ,さらに著者の時代の成熟した民主制を論じたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アテナイ人の国制の関連キーワードアテネ(ポリス)国家論(政治)村川堅太郎ソロン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android