コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトス半島 アトスハントウ

デジタル大辞泉の解説

アトス‐はんとう〔‐ハンタウ〕【アトス半島】

AthosΆθως》ギリシャ北部、マケドニア地方南部のハルキディキ半島先端部にある半島。古代名アクティ半島ギリシャ語アギオンオロス(聖なる山)とも呼ばれる東方正教会の聖地アトス山がある。半島の根元にあるイエリッソス、ウラノポリスなどの町がアトス山への観光拠点になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アトス半島の関連キーワードアトス山遺伝子の使命アトス山スポラデス[諸島]

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone