コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アト物理学 あとぶつりがく attophysics

1件 の用語解説(アト物理学の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アト物理学

極微世界の一瞬を切りとって観測する物理学。水素原子内の電子が数十アト秒(アトは100京分の1、10^-18)の周期で動くなど、原子内の現象は速い。それを調べるには、アト秒単位で光る「ストロボ」が必要になる。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アト物理学の関連キーワード核物理学観測極微古典物理学実験物理学物性物理学物性論理論物理学宇宙物理学南極観測基地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone