一瞬(読み)いっしゅん

精選版 日本国語大辞典「一瞬」の解説

いっ‐しゅん【一瞬】

〘名〙
① 一度またたきするぐらいの、きわめてわずかの間。一転
※海道記(1223頃)手越より蒲原「幻中の一瞬の身」 〔陸機‐文賦〕
② 死去することを婉曲にいう語。
※看聞御記‐応永二三年(1416)三月二三日「御所様御老病之間、御一瞬以後事」
③ ちょうどその時。「優勝の一瞬」
④ 一目(ひとめ)。一眸(いちぼう)。〔蘇轍‐超然台賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一瞬」の解説

いっ‐しゅん【一瞬】

一度またたきをするほどの、きわめてわずかな時間。刹那(せつな)。副詞的にも用いる。「一瞬の出来事」「一瞬目を疑った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android