一瞬(読み)イッシュン

デジタル大辞泉の解説

いっ‐しゅん【一瞬】

一度またたきをするほどの、きわめてわずかな時間。刹那(せつな)。副詞的にも用いる。「一瞬の出来事」「一瞬目を疑った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゅん【一瞬】

〔「瞬」はまたたきの意〕
一回またたきをするほどのごく短い時間。またたく間。刹那せつな。 「 -の出来事」 「 -思い出せなかった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐しゅん【一瞬】

〘名〙
① 一度またたきするぐらいの、きわめてわずかの間。一転
※海道記(1223頃)手越より蒲原「幻中の一瞬の身」 〔陸機‐文賦〕
② 死去することを婉曲にいう語。
※看聞御記‐応永二三年(1416)三月二三日「御所様御老病之間、御一瞬以後事」
③ ちょうどその時。「優勝の一瞬」
④ 一目(ひとめ)。一眸(いちぼう)。〔蘇轍‐超然台賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一瞬の関連情報