コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アト atto-

翻訳|atto-

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アト
atto-

単位の 10-18 倍 (100京分の1) を表わすSI 接頭語の1つ。記号はa。デンマーク語で数の 18を意味するアッテン attenに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アト(atto)

《「アット」とも》国際単位系(SI)で、単位の上に付けて100京(けい)分の1(10-18)を表す語。記号a

アト【at】[Atmosphärendruck]

《〈ドイツ〉Atmosphärendruck》圧力の単位。1アトは98066.5パスカル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アト【atto】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,10-18倍の意味。記号にはaを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,電子の電荷1.602 18 92×10-19C(クーロン)は0.160 218 92aC(アトクーロン)と表せる。【大井 みさほ】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アト【atto】

単位に冠して、10-18 すなわち100京けい分の1の意を表す語。記号 a  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アトの関連キーワードアメリカン・テレフォン・アンド・テレグラフセミオートマチックトランスミッションオートマチックトランスミッションATT(アメリカ電話電信会社)ランドール スティーブンソンウェスタン・エレクトリックIBM PC/AT互換機シアトル・タコマ国際空港DJTAIIKEZAWAハーツフィールド国際空港アメリカ電話電信[会社]硫黄山(アトサヌプリ)アンティアトラス山脈アトランタ国際空港ヘイズATコマンドアトラス[山脈]スノースピーダースペースニードルアトピー性皮膚炎アンチ・テアトル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android