コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドニア Ādonijah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドニア
Ādonijah

ヘブライ語で「神はわが主」の意。 (1) ダビデの第4子。アモンとアブサロムの死後王位の継承を望み,将軍ヨアブと祭司アビヤタルを味方にしたが預言者ナタンや祭司ザドクらの心はつかめず,ダビデの命でソロモンが即位。その後アドニアはアビシャグを妻に望んで死刑に処された (列王紀上1章) 。 (2) ユダの王ヨシャパテの3年,律法の書を持ってユダの町々を巡回したレビ人 (歴代志下 17章) 。 (3) ネヘミア時代に神の前に契約を結び押印した一人 (ネヘミア記9章) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アドニアの関連キーワードブラジル文学ヨナタン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android