コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロモン ソロモンSolomōn

翻訳|Solomōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロモン
Solomōn

イスラエル統一王国3代目の王 (在位前 961~922) 。名前のソロモンヘブライ語 Šelōmōで「平和な人」の意。旧約聖書 (列王紀上1~11章,歴代志上1~9章) に言及される。ソロモンはバテシバを母としダビデの末子に生れたが,預言者ナタン,祭司ザドク,ベナヤ,バテシバらは彼の擁立を企て,その結果兄アドニヤに代って王位を継承。政敵を次々と除き,一族郎党で政権を固め,内外の王や貴族の娘をめとり,合計 700人の妻と 300人の妾がいたという。内政的には部族結合の解体,新しい行政区分の整備,軍制の改革と軍備拡張,徴兵・徴税制度の強化など次々と新政策を打出した。対外的には征服事業に乗出し,特にシリアで成功を収めた。商業を重視してエジプトアラビア,紅海および地中海沿岸諸国との交易を行い,王国の経済的・文化的繁栄をもたらした。その豊かな財力が7年を費やす壮大なエルサレム神殿建築の事業を可能にし,首都エルサレムを古代イスラエル宗教の中心とした。さらにフェニキアテュロスとの結びつきは密接で,テュロスヒラム海外貿易に乗出したばかりか,その娘とも結婚した。またシバの女王とも交流を盛んにし,紅海沿岸地方の金や香料を入手した。このように国際交流をはかる一方,国内では 12部族の独立性を弱め,中央集権絶対王政を目指した。他方旧約聖書における知恵文学の多く (箴言,詩篇,伝道の書) が彼の作とされている。しかし王国の繁栄と権力の強化のために,重税と徴用によって国民を疲弊させ,またその積極的外交策の一環として政略的国際結婚を盛んにしたことにより,異教が導入されたため,彼の死後,王国は分裂した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソロモン(Solomon)

イスラエル王国第3代の王。在位、前961ころ~前922ころ。ダビデ王の子。通商を振興して経済を発展させ、エルサレムに神殿や宮殿を建設、いわゆる「ソロモンの栄華」を現出したが、国民は重税に苦しみ、死後、国土は分裂した。知者・詩人として知られ、しばしば「ソロモンの知恵」「ソロモンの箴言(しんげん)」として言及される。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソロモン

古代イスラエル王国第3代の王(在位前967年ころ―前928年ころ)。ダビデとバテシバの子。シバの女王の訪問にうかがえるように,外国と活発に通商して巨利を得,エルサレム神殿を造営,〈ソロモンの栄華〉をうたわれた。
→関連項目イスラエル王国エルサレム神殿ユダ王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ソロモン

アントニオ・ストラディバリ製作によるバイオリン。1729年製。名称は、アメリカ人実業家で、ヴァンガード・レコード創業者のシーモア・ソロモン(1922-2002)が所有していたことにちなむ。

ソロモン

ロボットアニメ機動戦士ガンダムシリーズに登場する宇宙要塞。ジオン公国が小惑星を軍事用に改造したもの。通称「コンペイトウ」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソロモン【Solomon】

?‐前928ころ
イスラエル・ユダ複合王国2代目の王。在位,前967年ころ‐前928年ころ。ダビデの子。母はヘテ人ウリヤの妻であったバテシバ。幼名エデデヤ。預言者ナタンとその仲間に擁立され,異母兄アドニヤを退けて父の王位を継承,アドニヤ,軍の長ヨアブ,祭司アビヤタルなどを粛清して王権を確立した。ダビデが築いた大帝国を,北はユーフラテス川から南はガザまで支配した。帝国内にはメソポタミアをエジプトとアラビアに結ぶ国際通商路が縦貫していたため,莫大な関税収益をあげるとともに,エジプトとクエ(キリキア)とシリアを結ぶ仲介貿易や,フェニキア人の協力を得た紅海貿易にも従事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソロモン【Solomon】

イスラエル王国三代目の王。ダビデの子。在位は紀元前一〇世紀頃。知恵にすぐれた王として知られ、王国の未曽有の繁栄を築き、エルサレム神殿の建設などを行なったが、他方国民の不満を招き、死後南北に王国は分裂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソロモン
そろもん
Solomon

生没年不詳。イスラエル(ヘブライ)王国第3代の王(在位前960ころ~前922ころ)。名は「平和に満ちた」の意。エルサレムに生まれ、父王ダビデの命によってその後継者となった。「知恵」に優れた王として知られ、『旧約聖書』のうち、雅歌、箴言(しんげん)など知恵文学は伝統的に彼に帰されてきた。また赤ん坊の所有を争った2人の女を裁いた有名な伝説は彼の知恵を強調している。即位後、反対派を抑圧する一方、対外平和に努め、王国の絶頂期を築いて、後世「ソロモンの栄華」とうたわれたが、それがイエス・キリストの時代の人々の記憶のなかにも残っていたことは「マタイ福音書(ふくいんしょ)6章」によっても知られる。宗教的には、フェニキアからの資材と技術によって精緻(せいち)を凝らしたヤーウェ神殿をエルサレムに建設し、「契約の櫃(ひつ)」を安置して人心を一つにまとめる聖域を確立した。政治的には従来の部族制を無視して12の行政区域を設け、長官を派遣して徴税や賦役の事務にあたらせた。軍事面ではエジプトから馬と戦車を導入し、常備軍を設置したが、これは実戦のためよりも国力の誇示のためであった。また経済的には世界の交易の要地を占めて通行税を徴収したほか、エジプト、フェニキア、アラビアなどとの通商を盛んにし、造船所や製銅所をも建設して富を集めた。シバの女王の心を奪ったという伝説で知られるほど華美な宮廷、ハレムの生活とともに、美術、文学、音楽も発展したが、反面、徴兵、徴税、強制労働などによる民の疲弊は、死後王国が南北に分裂する原因ともなった。[漆原隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のソロモンの言及

【イスラエル】より

…前1000年ころのことである。帝国の首都はエルサレムに定められ,ここにダビデの子ソロモンがヤハウェの神殿を建立した。これらの政治的展開を背景として,ヤハウェがダビデ家とエルサレムを永遠に選んで,イスラエルの支配者と首都に定めたという主張(〈ダビデ契約〉)が生じた。…

【イスラエル王国】より

…ただし,この複合王国を代表する名称はイスラエルであった。そこで,サウルとダビデ,ソロモンが支配したイスラエル王国を〈統一イスラエル王国〉,ソロモンの死後ダビデ家の支配を脱して南のユダ王国と対立したイスラエル王国を〈北イスラエル王国〉と呼んで,両者を区別する。 前10世紀初頭に,ダビデは南方部族の中心都市ヘブロンから,南北複合王国の中間に位置するエルサレムに遷都し,そこへ王国成立前の部族同盟の象徴であった〈契約の箱〉を搬入して,イスラエルの神ヤハウェがエルサレムを選び,同時にダビデとその子孫を全イスラエルの支配者に選んだと主張した。…

【エチオピア】より

… アムハラ族はエチオピアの支配層でもあって,誇り高い人々である。彼らはアクスム王国の子孫であり,故ハイレ・セラシエ皇帝はソロモン王とシバの女王の子孫と主張した。彼らは選ばれた民として4世紀にはキリスト教を受容した。…

【エルサレム】より

…大きく南東隅に広い平たんなスペースをとって,イスラム教徒がハラム・アッシャリーフal‐Ḥaram al‐Sharīf(高貴なる聖所)と呼ぶ区域があり,ここに金色に輝く岩のドームアクサー・モスクとがある。この区域はもとソロモンの建立した第一神殿,またバビロン捕囚後に再建された第二神殿があった場所で,モリヤMoriahの丘とも呼ばれた。ハラム・アッシャリーフを囲む東・南・西側の壁は,ヘロデ王時代以来のものと見られるが,その西壁(ハ・コテル・ハマーラウィー)には第一神殿の遺構があると考えられ,近代においてユダヤ教徒はこれを〈嘆きの壁〉として特に重要視するようになった。…

【シバの女王】より

…シバ(サバ)は南アラビアに住んだ民族で,交易によって栄えた。《列王紀》上,第10章は,その国の女王がエルサレムにユダヤの王ソロモンを訪ねた逸話を記す。シバの女王はソロモンの名声を聞き,難問でその知恵を試そうとしたが彼はすべての問いに答えた。…

【ジン】より

…知力・体力ともに人間より優れ,知識量,創作能力,労働の耐久力に関するさまざまな逸話がある。ただソロモンにだけは対抗できなかったとされ,そのためジンの害悪からの厄よけにソロモンの名を用いることがある。人間と居住空間を同じくし,いたずら好きで,時には人間を死にすら至らせる霊鬼であり,とくにその頭領がイブリースIblīs(サタンのひとり)だとして恐れるのが一般人のジン観である。…

【箴言】より

…《ヨブ記》《伝道の書》とともに,旧約聖書の知恵文学に属する書物。《箴言》と《伝道の書》は,ソロモンの手になるものとされている。〈モーセ五書〉がモーセにより,《詩篇》がダビデによって書かれたとされるのと同様,知者として有名であったソロモン王に,これらの教訓が帰せられたのである。…

【ナタン】より

…事実,ダビデの王子たちは,王位継承争いと反乱を起こして次々に殺害された。最後に,ソロモンの養育係であったナタンは,年老いたダビデを説得してソロモンの王位継承を決定させた。【石田 友雄】。…

【ユダ王国】より

…ダビデの第3皇子アブサロムの反乱にユダ族も参加したが,反乱鎮圧後ダビデがユダ族優遇政策をとった結果,ユダ族のダビデ家支持はいよいよ強固になった。ソロモンはこの政策を継承して,ユダ族に免税特権を与えたらしい。前928年ころソロモンが死ぬと,北方諸部族はダビデ家に背いて北イスラエル王国を建てたが,ユダ族はダビデ家に従って南ユダ王国を守った。…

【ユダヤ教】より

… 前13世紀末に,イスラエル人はカナンに侵入して〈約束の地〉に定着したが,前1000年ころ,ユダ族出身のダビデが王となり,シリア・パレスティナ全域にまたがる大帝国を建設し,エルサレムを首都に定めた。その子ソロモンが,エルサレムのシオンの丘に主の神殿を建立すると,主はダビデ家をイスラエルの支配者として選び,シオンを主の名を置く唯一の場所に定める約束をした,と理解された(〈ダビデ契約〉)。ここから,〈メシア〉(原義は〈即位に際して油を注がれた王〉)が,世の終りにダビデ家の子孫から現れるという期待と,エルサレム(シオン)を最も重要な聖地とする信仰が生じた。…

※「ソロモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソロモンの関連情報