コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブサロム アブサロムAbsalom

翻訳|Absalom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブサロム
Absalom

ダビデの3男でダビデに最も愛された。ヘブライ語で「平和の父」の意。『サムエル記下』 13~19章の記述を見ると,その姿の美しさ,政治的野心,その悲劇的運命は旧約聖書アルキビアデスと称されてよい。妹タマルを犯したアムノンを殺したことからその運命は大きく変化し,やがて父ダビデ反旗を翻すにいたり,ヘブロンにおもむき即位宣言を行なった。その陣営にはバテシバの祖父アヒトフェルと王の友人ホシャイが参加したが,アヒトフェルの計画はホシャイにはばまれ機を逸し,エフライムの森においてダビデの軍に敗れ,ダビデの命令を無視した将軍ヨアブによって非業の最期をとげた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブサロム【Absalom】

ダビデの三男。ヘブロンでの統治時代に生まれた。旧約聖書《サムエル記》下によれば,彼はその異母兄であった長兄のアムノンが,自分の妹タマルを凌辱して捨てたことに怒って,彼を殺した。そのために母の故国に追放されたが,のちに許されて帰国した。その数年後にダビデに対する反乱を起こしたため,ダビデは一時エルサレムから逃亡した。反乱が敗勢に傾いたとき,ダビデの意向を無視した軍の長ヨアブによって殺された。その報を受けた父ダビデの嘆きは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブサロムの関連情報