アドリアノープル(英語表記)Adrianople

大辞林 第三版の解説

アドリアノープル【Adrianople】

トルコ、バルカン半島部の都市エディルネの旧名。ギリシャとの国境に近く、戦略上の要地。ローマ皇帝ハドリアヌスが建設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドリアノープル
あどりあのーぷる
Adrianople

トルコ北西部、エディルネ県の県都エディルネの旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアドリアノープルの言及

【エディルネ】より

…アジアとヨーロッパを結ぶ交通上の要路に位置し,現在はイスタンブール市場向けの農作物(小麦,野菜)の集荷地としての経済的機能を果たしている。この町の歴史は,古くトラキア時代にさかのぼるが,125年ころ,ローマ皇帝ハドリアヌスの再建によりハドリアノポリス(アドリアノープルAdrianople)として知られた。ビザンティン帝国時代をへて,1361年ころオスマン帝国領となり,1453年まで同帝国の首都として,バルカン支配の軍事的・政治的拠点となった。…

※「アドリアノープル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android