コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドレナリン作動性の

栄養・生化学辞典の解説

アドレナリン作動性の

 (1) エピネフリン(アドレナリン),ノルエピネフリン(ノルアドレナリン),エピネフリン様物質によって活性化される神経や細胞.(2) 神経伝達物質がエピネフリン,ノルエピネフリンもしくはエピネフリン様物質である交感神経の細胞もしくは線(繊)維をいう場合の形容詞.アセチルコリンを刺激伝達物質とする「コリン作動性の(cholinergic)」などと対比される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アドレナリン作動性のの関連キーワード自律神経薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android