コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌラーダプラ遺跡 アヌラーダプラいせき Anuradhapura

1件 の用語解説(アヌラーダプラ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヌラーダプラ遺跡
アヌラーダプラいせき
Anuradhapura

スリランカにおける最古の仏教遺跡。前5世紀頃から8世紀末までスリランカを支配していた王朝の首都。遺跡はジャングルに埋もれていたが,1912年から発掘,整備された。遺跡のうち建築では,前 224年に造塔され,1842年修築されたトゥーパーラーマ・ダーガバ,前1世紀頃創建のアバヤギリ塔ルアンベリ塔,もと木造の9層の高楼で 1600本の柱だけが残る宮殿址など,また彫刻では 200年頃のルアンベリ塔前仏立像およびドゥッタ・ガーマニ王立像,2~3世紀頃のマハセーナ寺院半円石浮彫などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヌラーダプラ遺跡の関連キーワードスリランカスリランカ美術南方仏教マヒンダ華子城スリランカ内戦スリランカの愛と別れ自由党(スリランカ)スリランカ建築スリランカ・タミル人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone