コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌラーダプラ遺跡 アヌラーダプラいせきAnuradhapura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヌラーダプラ遺跡
アヌラーダプラいせき
Anuradhapura

スリランカにおける最古の仏教遺跡。前5世紀頃から8世紀末までスリランカを支配していた王朝の首都。遺跡はジャングルに埋もれていたが,1912年から発掘,整備された。遺跡のうち建築では,前 224年に造塔され,1842年修築されたトゥーパーラーマ・ダーガバ,前1世紀頃創建のアバヤギリ塔,ルアンベリ塔,もと木造の9層の高楼で 1600本の柱だけが残る宮殿址など,また彫刻では 200年頃のルアンベリ塔前仏立像およびドゥッタ・ガーマニ王立像,2~3世紀頃のマハセーナ寺院半円石浮彫などが有名。 1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アヌラーダプラ遺跡の関連キーワードアヌラーダプラ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android