コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバディーンアンガス Aberdeen Angus

翻訳|Aberdeen Angus

大辞林 第三版の解説

アバディーンアンガス【Aberdeen Angus】

ウシの一品種。食肉用に世界的に飼育されている。イギリスのスコットランド原産で、無角、黒色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アバディーンアンガス
あばでぃーんあんがす
Aberdeen-Angus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。イギリス原産の肉用牛の一品種で、イギリス、スコットランド北部の旧県アバディーンとアンガス産の両系統のウシを交配して改良し、成立した。世界各地に分布し、オーストラリアでは主要品種の一つで、アメリカ合衆国、カナダ、ニュージーランド、アルゼンチンにも多数飼育されている。日本では1915年(大正4)山口県が無角和種改良のため購入し、1961年(昭和36)ふたたび岩手、青森両県に輸入され、現在では日本各地で飼育されている。無角黒色で、雌では乳房に小白斑(はくはん)がみられるものもある。体形は低く丸みを帯び、成熟時の体重は雄800キログラム、雌550キログラム程度である。外国種のなかではもっとも肉質がよい品種とされているが、皮下脂肪が厚い。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アバディーンアンガスの関連キーワード無角和牛無角和種イギリス肉用牛牛肉肉牛黒色

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android