コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アファニック aphanic

岩石学辞典の解説

アファニック

細粒のこと.石灰岩ドロマイトで粒子が0.01mm以下の粒度の記述に用いられた.炭酸塩岩石学では古い語の非顕晶質(aphanitic)に置き換えられている[De Fard : 1946, Bissell & Chilingar : 1967].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

アファニックの関連キーワード細粒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android