コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒度 リュウド

6件 の用語解説(粒度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ど〔リフ‐〕【粒度】

粉・土・石・骨材などの大小の粒の分布状態。また、その粒子の大きさ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粒度【りゅうど】

粉体,粒体の粒の大きさを数値で表したもの。計量単位規則では,粉粒体が通過できる最小の標準ふるいの方形網目の1辺の長さ,または円形網目の直径をミリメートルで表した数値を用いる。
→関連項目選炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

粒度

鉱物の粒度はそれぞれの岩石によって異なり,粒の大きさは岩石の形成条件を反映している.しかし実際の岩石の中の鉱物粒は三次元的に不規則な形をしており,粒の大きさを測定することは非常に難しい.具体的に岩石の粒度は岩石標本から作った薄片中の各結晶の大きさの測定から推定するが,薄片では立体的な鉱物粒の一断面に過ぎないために,薄片の中の粒が小さくても実際の粒が小さいとは限らない[Krumbein : 1935].薄片内の鉱物粒がすべて同じ大きさや形状であるかどうかはわからず,各粒の形も三次元的に複雑であるため粒度の測定は簡単ではない[Kerrerhals, et al. : 1975].粒度や形状という表現は非常にあいまいで,不規則な大きさや形の鉱物粒の集合体である岩石を任意に切断した断面の薄片から粒度,形状を推定しなければならない.特定の断面から立体的な形を推定するためには,計量形態学(quantitativfe microscopy)またはステレオロジー(stereology)による研究があり,岩石学に応用すべきことが多い[Dehoff & Rhines : 1968,諏訪 : 1977].火成岩の構成鉱物の形は非常に不規則なので,何を粒度あるいは平均粒径としているか正確なことはわからず,測定方法も不明確であるにもかかわらず,次のようないわゆる粒度の絶対値による区分が広く用いられている.
区分平均粒径
粗粒(coarse-grained)5mm以上(5mm以上)
中粒(medium-grained)5~1mm(0.01~1mm)
細粒(fine-grained)1~0.05mm(0.01mm以下)
微粒(very fine-grained)0.05mm以下

粒度の分類は様々あり,括弧内の区分法が用いられる場合もある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

粒度

 諸種の粉末や粒状の製品の大きさと分布.またマヨネーズなどの分散相の大きさや分布,ミルクの脂肪球の大きさや分布にも使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうど【粒度】

粉状物体の粒子の大きさの度合。一般に、粒子の平均直径で示される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

粒度

データベース管理や索引作業,情報検索ソート処理などにおいて,基本的な操作単位となる情報の大きさ.図書を例にすれば,冊,章,節,ページ,段落,行,語,文字などの粒度が考えられる.どのような粒度を採用するかは,情報を処理する際の作業効率だけでなく,処理結果の情報を利用する際の適合性評価にも影響を及ぼす.近年は,メタデータの議論における情報構造の分析や比較を行う際にしばしば用いられる.鉱物の粉砕程度や撮影装置の解像度など,他分野で先行して使われていた用語.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の粒度の言及

【研磨材】より

… 研磨材を大別すると,形状決め・寸法決めなどの材料除去をおもな目的とするもの(研削材)と,磨きなどの表面仕上げをおもな目的とするもの(たく磨材または磨き材)とに分けられる。
[特性]
 研磨材の性質として,硬さ,靱性(じんせい),耐摩耗性,粒度,粒形の五つが重要である。同一系統の研磨材でも,化学組成のわずかの違いによって,その性質にかなりの差がみられる。…

※「粒度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粒度の関連キーワード条痕水簸一月三舟各部心心流流粒径頻度分布多源マイクロ─メラ─

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粒度の関連情報