コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフィニティーラベル

1件 の用語解説(アフィニティーラベルの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アフィニティーラベル

 タンパク質が活性を示す部位のアミノ酸残基に,共有結合で標識をつける目的で使われるタンパク質の化学修飾法の一つ.例えば,キモトリプシンをトシルフェニルアラニンクロロメチルケトンで処理すると,酵素活性部位が標識される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフィニティーラベルの関連キーワードリシンアミノ酸残基アミノ酸パターン塩基性アミノ酸純タンパク質単純タンパク質タンパク質の一次構造比較タンパク質非タンパク質窒素リンタンパク質

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone