コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフィニティーラベル

栄養・生化学辞典の解説

アフィニティーラベル

 タンパク質が活性を示す部位のアミノ酸残基に,共有結合で標識をつける目的で使われるタンパク質の化学修飾法の一つ.例えば,キモトリプシンをトシルフェニルアラニンクロロメチルケトンで処理すると,酵素活性部位が標識される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android