コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフィニティーラベル

栄養・生化学辞典の解説

アフィニティーラベル

 タンパク質が活性を示す部位のアミノ酸残基に,共有結合で標識をつける目的で使われるタンパク質の化学修飾法の一つ.例えば,キモトリプシンをトシルフェニルアラニンクロロメチルケトンで処理すると,酵素活性部位が標識される.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android