標識(読み)ヒョウシキ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐しき〔ヘウ‐〕【標識】

目印。目印として設けられたもの。「交通標識

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうしき【標識】

めじるし。めじるしとして設置したもの。 「道路-」
物質を同定するために、他とは異なる特徴をその物質に付与すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の標識の言及

【鉄道信号】より

…鉄道において,列車の運転の指示,あるいは従事員間の意図の伝達などに用いられる信号,合図などの総称。日本国有鉄道では,鉄道信号を形,色,音などによって,列車または車両に対し一定区域内を運転するときの条件を指示する〈信号〉,形,色,音などによって,従事員相互間で合図者の意図を相手方に伝える〈合図〉,形,色などによって,設備の状態を現示する〈標識〉の三つに分けている。 本格的な鉄道営業は,1825年イギリスのストックトン~ダーリントン間で蒸気機関車による運行が行われたのに始まる。…

【道路標識】より

…安全,円滑かつ快適な道路交通を実現するための情報を,記号または文字で伝える標識。〈道路法〉および〈道路交通法〉に基づき,路側または道路上方に設置される。…

※「標識」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標識の関連情報