アフミーム(英語表記)Akhmīm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アフミーム」の解説

アフミーム
Akhmīm

エジプト中部,サウハージュ県の都市。カイロ南南東約 390km,ナイル東岸に位置する。エジプト古王国第6王朝時代 (前 2345~2181) の大墓地があり,町の名称は古代の神ミンに由来するらしい。ヘレニズム時代には,神ミンがパンと名称が変り,町はパノポリスと呼ばれた。プトレマイオス朝の上エジプト王朝の上エジプト地方の都となり,ヘミスと呼ばれたが,ギリシアの地理学者ストラボン (前 63頃~後 21) は亜麻布製造の地として伝えている。5世紀にはギリシアの詩人ノンノスがここに生れ,11世紀には一時ファーティマ朝の首都となり,14世紀頃まで大神殿が残っていたが,18世紀のマムルーク反乱で略奪された。現在は穀類サトウキビナツメヤシ,綿花の集散地。工業は繊維,織物工業が主。コプト教会派の勢力が強い。人口7万 602 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android